Human & Friendly人と人から、始めます 東日本ハウジング

0120-52-1231

RELOCATION

住宅の買い換えについて

住宅の買い換えについて

新生活のスタートを

安心&スムーズに

現在の自宅を売って新居を購入する「買替え」には、お客様の住替え事情や自己資金等の資金計画・内容により、「売却先行」と「購入先行」の2通りの方法があります。東日本ハウジングでは、お客様ごとのご事情にあった安全かつ最適なプランをご提案、お手伝いいたします。

売却先行、購入先行のメリット・デメリット

売却先行の場合 購入先行の場合
メリット 売却契約後の購入なので、売却資金確定後で購入資金計画がブレなく安全は高い。 購入したい物件が決まってから、売却手続を進めるので、希望条件にあった物件をじっくりと探せます。
デメリット 売却契約後の購入となるため、時間的な制約でなかなか希望物件が見つからないことがあり、場合によって一定期間の仮住まいを要す場合があります。 購入後の売却なので、買換計算は、売却相定額で立てる不確定リスクがあり、また売却期間が長引くと二重ローンのリスクも想定されます。

先行売却パターン

売却の流れ 購入の流れ ポイント
ご自宅の査定 ご自宅の売却額を含めて、購入資金計画を立てます。
媒介契約
販売活動の開始
物件の見学の開始 引合い状況を見ながら、販促方法/価格の見直しをします。
ご希望条件にあう物件を継続的に探し見学します。
見学者が購入希望!
(契約条件調整)
引渡し日と売買代金等を具体的に詰めます。 諸経費を差し引いた手取り金額も確認します。
(売却の)売買契約 売買契約締結時に、買主様より手付金を受領します。
本気モードで探す! 売却確定したので、購入物件をしぼり込みます。
購入物件決定!
(契約条件調整)
ご自宅の引渡し時期と購入物件の引渡し時期を確認してご検討ください。
(購入の)売買契約 売却物件の引渡し日、購入の諸条件を合わせて、売買契約します。
売却代金受領と購入代金支払いの流れを確認します。
残金受領自宅退去 残代金支払い新居へ引越 売却と購入の同時決済は短期間が理想です。

先行購入パターン

購入の流れ 売却の流れ ポイント
購入資金計画 自宅査定 ご自宅の売却額を含めて、購入資金計画を立てます。
本気モードで探す! 予算内で希望条件にあう物件を探します。
購入物件決定!
(契約条件調整)
(購入の)売買契約 媒介契約
売却活動開始
状況を見ながら、必要があれば売出価格の見直しをしましょう。
ローン手続
残金支払お引越 先行ローン等で、売却前でも新居への決済引越しが可能です。
その後の自宅は、空家状態での売却となります。
見学者が購入希望!
(契約条件調整)
引渡し日と売買代金等を具体的に詰めます。諸経費を差し引いた手取り金額も確認します。
(売却の)売買契約 売買契約締結時に、買主様より手付金を受領します。
残金受領既存ローン完済 購入の残代金決済から売却の残金決済は0~6ヶ月が一般的です。